◆   カートをみる ご利用案内 お問い合せ/メール サイトマップ   ◆ 
RSS
クローバーのライン
2010egao01x640x200.gif2010egao03x640x200.gif

『卒園の時期が近づいていますね。』(2017.2.17)

■1■卒園の時期が近づいていますね。

大学入試、そして合格発表がピークを迎えているようです。
国公立はこれからもう少し先ですが、年度末の慌ただしい空気が伝わって来ます。

幼稚園、保育所などの卒園式も近づいて来たので、
1年生になるのが楽しみにしている方も多いと思います。

また、来年度は年長さんになるので、
そろそろランドセル選びも本気になって来た方もいると思います。

子どもさんが成長するのは、親にとってはなんとも言えない喜びです。
と同時に、小学校に入学すると「友達ができるだろうか」「勉強についていけるだろうか」
そんな不安を持つお母さんもいらっしゃるようです。


でも、大丈夫です。
子どもは子どもなりに、自分で成長していくものです。
ただ、生活習慣をキッチリすることは親御さんが気をつけてあげる必要があります。

「意志の力は、筋力と同じで消耗品である」
こんな話を、ご存知でしょうか?

つまり「気持ちや体が疲れていると頑張れない」ということです。

ですから、子どもにとって大切なことをするは「体力的に疲れていない時」を
選んでやらせてあげることが大切です。
つまり、午前中がベストだということになります。

これは、 子どもだけに限らず、大人もそうです。
仕事が終わってから、自分の勉強をしようとしても、疲れていると
「明日にしよう」って、先延ばしするしてしまうことがあると思います。

ランドセル選びも、疲れ切っている夜中にネットで探すより、
午前中の頭がスッキリしている時に行うのがオススメです。
その方が、聡明な頭で判断ができます。


もし、ランドセルのことで何か分からないことやアドバイスが必要なら、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

本日は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

先日来、雪が降ったりで寒かったですが、
今日はまた気温が上がりあったかいと感じるほどでした。

それでも気を許してはいけません。
特にインフルエンザが猛烈に流行っているようですので、
しっかりと寝て免疫力を落とさないように心がけましょうね。

『見たいものしか見えない。』(2017.2.10)

■1■見たいものしか見えない。

今週、北海道札幌では毎年恒例の『さっぽろ雪まつり』が、開催されているとのこと。
すでに第68回というのだから、知らない人がいないくらいに定着していますね。

でも「あーそうなの。それが、どうしたの?」と感じる方もいらっしゃると思います。

「さっぽろ雪まつり」自体は知っていても、今開催されていることを認識していなかった人も多いと思います。ニュースや新聞を見ても、関心がなければ認識することはありません。
実は、私も今日まで気づいていませんでしたから。

つまり、ほとんどの人は「自分の関心があること、見たいものしか見えない。」という傾向があるということです。

ランドセルでもそうです。
子どもさんが進学する小学校ではランドセルを使っていることを認識して初めて、
街を歩いていてもランドセルが目に付くようになります。

それまでも、確実に視界に入っていたはずなのに「見えていませんでした。」
一度「自分にとって重要な情報だ」と意識すると、やたらに目に入ってきます。
人によっては、気になって気になって仕方なくなります。

ランドセルの場合は、選択肢があまりにも多いために、
迷いに迷ってしまうこともよくあります。
早くから考え始めても、結論が出ないまま直前まで悩むことも珍しくないようです。

長年、ランドセルを扱っている私からのアドバイスは、
「ご両親が機能面でモデルを選別した後に、子どもさんに色を決めさせてあげる」
のが、一番スムーズにいくようです。

ポイントは「子どもさんが自分で選んだ」と言う意識を持たせてあげることです。
その方が、6年間大切に使い続けてくれます。


もし、ランドセルのことで何か分からないことやアドバイスが必要なら、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

本日は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

今日あたりから、週末にかけて強烈な寒波が来るようですね。
私の住む和歌山でも、今朝もみぞれ混じりの雪が舞っていました。

「雪まつり」がこの期間に設定されている理由がわかる気がします。

皆様も寒い折、体調を崩さずよう、ご自愛くださいませ。

『続けることが大切。』(20172.3)

■1■続けることが大切。

今日は、2月3日の節分ですね。
暦の上では明日から春です。

そもそも、節分って「季節を分ける」という意味ですから、年に4回あります。
本来、節分は「立春、立夏、立秋、立冬」の前の日のことですが、
現在は立春の前の日だけが、当たり前のように豆まきの風習として残っています。

よく考えると、ランドセルもそうです。
完全に、日本の小学生の通学カバンとして定着しています。

確かにカバンとして様々な工夫はされていますが、
ランドセルでなければならないという理由はありません。
でも、すでに当たり前になっています。
「当たり前」という感覚は強力です。

日々の生活においても、大切なことは当たり前にする。
つまり習慣化することがとても重要になります。
当たり前にすると「さあやるぞ!」というエネルギーが不要になるからです。

自力で朝起きる、学校の準備を前の日にする、食後の歯磨きをする・・・。
これらを当たり前にしてしまい続けることが、
勉強するのが当たり前の習慣につながっていきます。
是非、気をつけてあげてください。

明日から春です。
いよいよ新学期が近づいてきたことを実感します。


もし、ランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

今回は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

近年は、節分の時に恵方巻きを食べると縁起がいいということで、
企業が中心になって流行らそうとしてますね。

クリスマスやバレンタインは完全に定着し、ハロウィンもそのあとを追っています。
ただ、恵方巻きは、私にはイマイチ浸透している実感がありません。
コンビニでの「恵方巻き大量廃棄」も問題になっているようです。

日本人はいろんな文化を受け入れて、日本なりにアレンジすることが得意のようです。
子どもたちが成長する頃には、新しい「当たり前」が定着しているのでしょうね。

『成長の機会を奪わない。』(2017.1.27)

■1■成長の機会を奪わない。

この数週間は、一年で最も寒い時期になります。
そして、よりによって日本ではこの極寒の時期に受験が行われます。

受験って、結構人生を左右すると考えてしまいがちなので、
子どもさんによっては迷ってしまうこともありるようです。

それと、6歳の子どもさんとお母さんにとっての一大事。
それは、ランドセル選びです。

私のお店にも毎年相談があります。
「何を基準に選んでいいのかわかりません。」
「いろいろ調べすぎて、頭が混乱してしまいました。」
「お願いですから、アドバイスください。」

確かにランドセルって、子どもにとっては高価な買い物です。
しかも6年間買い換えないことが前提なので、どうしても慎重になります。

私がいつもアドバイスする内容はとってもシンプルです。

ご家庭や学校環境によって様々な事情があると思いますが、
使い勝手や機能が充実しているあんふぁんランドセルが一押しです。
その上で、「子どもさんが色を決める」ように、勧めます。

つまり、お母さんが機能や安全面に配慮した上でモデルを絞り込み、
最終的に「決める」ことを子どもさんの責任にしてあげる、ということです。

この様な「自分で決める経験」はとても貴重です。
数年後の受験の時などに生きてきます。

毎日の生活の中で、自分で決める行為の積み重ねが、
より大きな決断を迫られた時の心の支えになります。

逆に、日常的に「子供の代わりに親が選ぶこと」を繰り返してしまうと、
それは「子どもが成長する機会を奪う」ことになります。

ですから、ランドセル選びでも最終決定権を
子どもさんに持たせてあげることをお勧めします。

先週と似た様な話ですがとても大切なことです。


もし、ランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

今回は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

私の住む和歌山は、本州の一番南にあります。
なので、比較的暖かい地域なのですが、この月曜日の10cm程度の積雪がありました。
日陰では、まだ雪が残っているところもあります。
本当に寒い毎日です。

『どっちへ行きたいか分からなければ、どっちの道へ行ったって大した違いはないさ。』

これは、「不思議の国のアリス」に出てくる有名なセリフです。
そうです、まず「自分で決める」ことが大切なんです。

ちょっと唐突感がありますが、とても重要です。
ちなみに、今日は「不思議の国のアリス」の作者であり、
数学者でもあるルイス・キャロルの誕生日です。

『自分で決めることの大切さ。』(2017.1.20)

■1■自分で決めることの大切さ。

先週も寒くて受験生には負担がかかる天候でしたが、
これから数日間も相当な寒波が訪問するようです。
お気をつけくださいね。

私のお店は、ランドセルの通販を始めて15年くらい経ちます。
そのなかでお母さんたちに色々と聞いて見ると、
子どもさんに願うことといえば、やはり健康面があります。

他にも色々望むことはあるでしょうが、
元気に健やかに育ってくれることを望まない親御さんはいません。

そして、通販をしているからこそ、お聞きできた話もあります。
それは「自分の意思で決断すること」の大切さです。

つまり、ランドセルを子どもさん本人に選ばせてあげることです。
それは「自分で決める」ことと「物を大切にする気持ちを育む」ことを
経験させてあげようとする想いを持ったお母さんが多いと言うことです。

よく言われる言い回しですが「毎日は決断の連続」です。
だから、自分で決める習慣と、そこには責任も伴うことを、経験させてあげる。
それらの選択を通じて、成長して欲しいと願っているのです。

確かに、子育てをしていると過保護とまでは言わなくても、
親の意向に沿った決断を促してしまう場面はたくさんあります。

それを繰り返してしまうと、自分で決められない子どもになってしまいます。
結果的に子どもの自立(自律)の妨げになってしまいかねません。

ランドセルを決めることは、6歳の子どもにとっては大きな決断かもしれません。
でも、長い目で見た時はできれば選ばせてあげたほうがいいのではと、私は思います。


もし、ランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

今回は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

「子どもは風の子」と言う言い回しがあります。
辞書には、
『子供は活発で、寒風が吹いていても戸外を駆け回って遊ぶものだということ。』
とあります。

でも、これだけ寒いと雪のない地域でも外で遊ばせるには、親の立場でも躊躇します。
さすが「大寒」と感じてしまいます。

寒さに負けず、ご家族の皆さんが健康に過ごせることを願っています。

『今年一番とも言える、強烈な寒波がやってきました。』(2017.1.13)

■1■今年一番とも言える、強烈な寒波がやってきました。

毎年、この時期は一番寒いと言われています。
そして毎年のように、大学入試センター試験の時は、
「雪が降ったりして交通機関が乱れるから注意して」というニュースが流れています。

ほんの数日前までは、週末の土日は全国的におおむね「晴れ」の天気予報だったのに
本当に不思議なものだと感じます。

この記事をお読みのお母さんたちは、まだまだ子どもさんも小さいので
「大学入試のことなんて」と思うかもしれません。
でも、その時期は確実にやってきます。

ランドセルを背負う時期というのは、受験のことなんて考えることのない、
ご両親にとっても子どもにとっても幸せな6年間です。
でも、あっという間に過ぎてしまうことも、また事実です。

ぜひ、悔いのない「ランドセル選び」をしてください。
できる限り、最新の情報をお届けします。
そのためにも、このメルマガのっチェックは忘れないでくださいね。

もし、ランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

今回は、以上です。
ありがとうございました。


■あとがき■

よりによって、毎年この時期は強烈に寒い日が多いです。

受験生の子ども達には、本当に大変だろうと思います。
寒さに負けずに実力を発揮してほしいものだと思います。

『今年もよろしくお願いします。』(2017.1.6)

■1■今年もよろしくお願いします。

今日はすでに、1月6日です。
お正月気分は抜けたでしょうか?

暦(こよみ)には、1月4日が「仕事始め」とされていますし、
学校によっては、新学期が始まっているところもあるでしょね。

最近では365日年中無休で営業している会社が増えました。
コンビニなどは24時間営業だから本当にご苦労なことだと思います。

宅配便業者さんもお正月でも関係なく配達してくれますので、
私のような業者として利用する側としては本当に感謝しています。

もしかすると「正月休み」という言葉も「お正月気分が抜けない」などの慣用句も、
近い将来死語になるかもしれませんね。

私のお店では、基本的にはカレンダー通りに営業しています。
なので、年中無休ではありませんが、お正月休みもお盆休みもありません。

ですので、今のような事実上の「ランドセルのシーズンオフ」でも
ご連絡いただければ、できる限り「1営業日以内」に返信させていただきます。

もしランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この携帯番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

今日は、以上です。

今年も、よろしくお願いします。



■あとがき■

私が子どもの頃、1月5日頃までは、ほとんどのお店は休み。
というのが当たり前でした。

なので、比較的日持ちのするおせち料理を食べたり、時にはインスタント食品を食べたり。
冬休みが終わりに近づいてくると、さすがにやることが無くなってきて、
友達と示し合わせて外で遊ぶことも多かったように記憶しています

今では、365日営業するのが正しいサービスのあり方のような風潮があります。

確かに便利になったけれど、
一方で「やりすぎじゃないのか」という感じも心の片隅にあります。
「本当に元旦から営業する必要があるのか?」という議論も散見されます。

最近は1月7日までに始業式を始める学校も多く、
子どもたちの世界でさえ忙しくなっていくように感じます。

少なからず教育に関わる商いをしているので
「本当にこれでいいのかな?」
と、考えることも多いです。

『1年間ありがとうございました。m(__)m』(2016.12.30)

■1■1年間ありがとうございました。m(__)m

今日は12月30日です。
明日は、大晦日。
なので、今年最後の発行になります。

この時期に、この文章を読んでいただいているお母さんは、
多分2018年以降の入学予定の場合が多いのではないかと思います。

小学校、中学校と進学していくと、子どもは学校や友達の関係の中で、
子ども自身の人間関係を築いて成長していきます。

ですから幼稚園や保育所で過ごす時間は、子どもにとってもお母さんにとっても、
とても思い出深いものになります。

だから、あと1年と少し。
この貴重で幸せな時間を、一緒に濃密に過ごしてあげてくださいね。

年末で何かとお忙しいでしょうから、今日は短めです。


それと、もしランドセルのことで何か分からないことがあれば、
ご遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この電話番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

ぜひ、よろしくお願いします。

今日は、以上です。
よろしくお願いします。



■あとがき■

いよいよ、今年もあと少しです。
もう、大掃除は終わりましたか?

私は、商人の家に育ったので毎年12月31日まで仕事が当たり前。
妻は看護師なので、大晦日から元旦にかけて夜勤の場合もあります。

ですので、我が家では「年末だから大掃除」という感じではなく、
時間のあるときに小まめに掃除するのが習慣です。

この感覚を突き詰めると「汚したときにすぐに掃除する」ということになります。
掃除だけでなく「まとめてやるのではなく、今すぐやる」 のは、気持ちがすっきりします。

直感的には、まとめてやる方が効率よく感じますが、
特に掃除の場合は「その都度きれいにする方」が結果的に手間が省けます

皆様も、すっきりした気分で、良いお正月をお迎えください。
来年も宜しくお願いします。

『もうすぐクリスマス♪♪』(2016.12.23)

■1■もうすぐクリスマス♪♪

今日は、祝日でしたね。
12月23日は天皇誕生日です。

そして、明日はクリスマスイブ。
子どもさんにとっては、「待ちに待った日」かもしれませんね。

そういえば、私は幼稚園の時にサンタさんからもらったプレゼントを
今でも捨てられずに持っているものがあります。

だいたい、オモチャって壊れたり、どこかに片付け忘れて、
自然と記憶から消えてしまう場合が多いように思います。

でも、このプレゼント、幼稚園で「サンタさんにプレゼントして欲しいもの」
みたいな感じで、絵に描いた記憶があります。
つまり、自分から「欲しい」と言ってもらったものです。

もしかしたら、そんな理由で他の年にもらったものよりも、
愛着が強かったのかもしれません。

実はランドセルもその傾向が強いようです。

もし、子どもさんが「どうしてもこのモデル」というのがあれば、
説得して別のものに変えるのではなく、ぜひそのモデルを買ってあげてください。
やはり「自分で決めた」ランドセルは、より愛着がわき大切に使ってくれると思います。

この文章をお読みのあなたは、多分来年度以降の方が多いと思います。
是非、早めにリサーチを初めて目星をつけてくださいね。

ちなみに、あんふぁんランドセルは、毎年6月頃には発売開始されるのではないかと思います。
もし、何か分からないことがあれば、遠慮なく質問してください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この電話番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかりますので、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければ、こちらからかけます。

ぜひ、よろしくお願いします。

今日は、以上です。
よろしくお願いします。



■あとがき■

ハロウィンが終わり、冬至の次には天皇誕生日。
そして、クリスマスのあとには除夜の鐘、お正月。

日本って本当に面白い文化ですね。
私はそんな「何でも受け入れる感覚」は大好きです。

【日本一情熱のあるランドセル屋さん】 では、
毎年、1名だけにクリスマスプレゼントを送らせていただいています。
今年もイブの日、12月24日着で到着するはずです。

今年買っていただいた方なら、もしかすると「あなた」かもしれません。
お楽しみにしてくださいね。


■連絡先■
shop@minabe-bungu.com
営業所:073-482-0748
店長直通:090-7495-4571(SoftBank、履歴が残るのでこちらから折り返します)

土日祝は営業所の電話に出る事が出来ない場合もあります。
お急ぎの場合は、メールに電話番号を記載して送信してください。
上記の携帯番号でこちらから折り返させていただきます。

よろしくお願いします。

『子どもを説得することができませんでした(泣)。』(2016.12.16)

■1■子どもを説得することができませんでした(泣)。

先日このような電話がありました。
電話をいただいたお母さんが、おっしゃるには、
「私が入院していたので出遅れてしまいました。在庫残ってませんか?」
とのこと。

子どもさんがどうしても「このモデルが欲しい」というので、
説得できずに困っている様子でした。

実は、このようなケースは初めてではありません。
思いも寄らず入院しなければならないことは起こり得ます。

そんな時「ここに頼めばなんとかなるかも。」という感じで
お電話いただいているようです。

ご希望のモデルが「数量限定」のタイプでしたので
すごく申し訳ないのですが、私にはどうすることもできませんでした。

ランドセルは6年間使うことが前提ですので、
できるだけ子どもさんに最終的な選択してもらうのがいいと思います。

その方が、自分で選んだランドセルとして大事に扱うでしょうし、
大切なことを自分で決断する練習にもなります。

その後、連絡がないのでことの顛末は不明です。
お気に入りのランドセルが見つかったのならいいのですが。
少し気になります。

2018年度以降にランドセルを購入のお母さんは、
ぜひ早めに子どもさんと相談をして決断するようにお勧めします。


もし、あなたも疑問・質問があれば、思い立った時に
「とりあえず聞いてみよう」という感じでご連絡ください。

 メール:shop@minabe-bungu.com
 店長直通:090-7495-4571(SoftBank、休日でもOKです、この電話番号からかけます)

メールでのやり取りはどうしても時間がかかります。
ですから、オススメは電話です。
直接に電話で会話した方が、疑問点はすぐに解決する場合がほとんどです。
メールに電話番号を書き込んでいただければこちらからかけます。

ぜひ、よろしくお願いします。

今日は、以上です。
よろしくお願いします。



■あとがき■

私の住む和歌山でもここ数日は冷え込みます。
朝に気温が、2℃や3℃の日があると、さすがに寒いです。

今年もあと少しです。
小さな子どもさんがいる家庭では、
特にお母さんが寝込んでしまうと大変なことになります。

子どもさん共々、ご両親も体には気をつけて
年末の忙しい時期をお過ごしくださいね。

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。